読書

マチネの終わりに~ガボットショーロ

芥川賞受賞作家、平野啓一郎の2016年の作品「マチネの終わりに」は、なんとクラシックギタリストが主役です。天才と称されていた男性ギタリストが40歳を迎えた頃に、自身の演奏家としての在り方に迷いや疑問を感じ始めた頃、ある女性と運命的な出会い…

蜜蜂と遠雷

恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」、2、3か月前だったか文庫本で発売されてすぐ読みました。 直木賞と本屋大賞をダブル受賞した作品。 彼女の作品、10年以上前に読んだ「夜のピクニック」は面白かったのですが、その後本屋さんで手に取るも買って帰ることがあ…

原田マハ

絵画と本が好きな人にはぜひ読んで欲しいです。美術のキュレーターの経歴もある彼女の、美術を題材にした小説は読み物としても面白く、 読み終えた瞬間、絵に対する溢れんばかりの愛情に、読み手も心から暖かい愛に満たされます。 私のある友人が、美術大学…

湯本香樹実

「夏の庭」は、ご存じの方が多いかもしれません。湯本香樹美さんの処女作ですが、映画化や舞台化され世界10各国以上で刊行されました。 日本児童文学者協会新人賞他、国内外の文学賞をいくつか受賞しています。 もう20年近く前ごろ、いつどこだったか全…

カズオ イシグロ

好きな作家の一人。といっても作品はそれほど多くないので読んだのは数冊でしたが。 一見静かな淡々とした語り口のようなのに、読み手に伝わると深く濃い。 登場人物が生き生きと目の前に現れ、その心情がありありと浮かび上がってきます。ノーベル賞を受賞…