春の大嵐

今日は春の大嵐、夕方からさらに激しくなり今も風の音がすごいです。
出かけていたかたはだいじょうぶだったでしょうか?
夕方の生徒さんは早めに来れましたが、夜の生徒さんはお休みになりました。

昨日、いずみ野のレッスン。

ギターのI籐さん、「アラビア風奇想曲」を最後までやりました。早いパッセージの部分と、セーハが続いて音が出しにくい所を練習。セーハは押さえるフォームをちょっと直しただけでだいぶ良くなりましたね。

ギターのI川さん、ラモーの「メヌエット」はだいぶ出来てきたのでフェレールの「スペイン風セレナーデ」も。以前やった時よりかなり良い演奏になりました。ちょっとくずし過ぎていた前奏を拍を感じて弾く練習。

ギターのS籐さん、スペインの城から今日は「セゴビアの城」、流れも良くなり後半の曲想もついてきました。さらに確実に音を出していきましょう。

ギターのT島さん、「ラリアーネ祭」は最後のトレモロの変奏、最後までいきました。ほとんど覚えてきましたのね。トレモロを少しずつ早くしましょう。

ギターの中3になるMちゃん、カルリ「アンダンテ グラジオーソ」は曲想をつけました。すぐ音にできますね。「緑のこかげにて」は曲想をつけながら細かいところの練習。勉強に部活に忙しい中学生、頑張ってます。


生徒さんたちが持っている楽器、いろいろな種類がありますので時々紹介しようと思います。


スペインの「ホアン エルナンデス」、この楽器の所有者の生徒さんは若いときにギターをなさっていて、数年前に「またギターを弾こう!」とご自分でさがして購入したそうです。
スペインらしい甘く艶のある音が特徴です。

またぞくぞくと掲載しますのでお楽しみに。